暗闇のなかでもキラリと光る!

【初心者向け】コーヒーのおいしい淹れ方とは?ハンドドリップの種類も紹介

コーヒー

カフェのようなおいしいコーヒーを家でも飲みたいと思う人は多いです。

豆からコーヒーを淹れるのは難しいと思ったり、理想的なコーヒーを淹れることができるのか不安だったりするでしょう。

この記事では、ペーパードリップを使ったコーヒーの淹れ方やさまざまな抽出方法を紹介します。

コーヒーがおいしく淹れられない時の疑問についても答えます。

家でもカフェのような満足できるコーヒーを淹れて、毎日のコーヒータイムを楽しみましょう。

ペーパードリップでコーヒーを淹れる手順

ペーパードリップでおいしいコーヒーを淹れるには正しい手順が重要です。

コーヒー本来の味と香りを引き出すため、多くのコーヒー好きに支持されている方法がおすすめです。

以下の基本的な手順を確認しましょう。

  1. フィルターのセット
  2. コーヒー粉の準備
  3. お湯の注ぎ方
  4. コーヒーを混ぜる工程

各ステップの注意点を理解し、適切に実行すれば理想的な1杯が楽しめます

フィルターをセットする

フィルターをセットする際は、適切なフィルターを選び、ドリッパーに合わせて折りたたむことが大切です。

フィルターをドリッパーにセットする前に湿らせておくと、ドリッパーにしっかりと固定できます。

固定することで、コーヒー粉が均等に広がり、おいしいコーヒーが淹れられます。

フィルターをセットする方法によってコーヒーの味が変化するため、丁寧に作業しましょう。

コーヒー粉を準備する

コーヒーを淹れる際には、最高の味を引き出すために新鮮なコーヒー豆を使うことが重要です。

コーヒーの風味は豆を挽いた直後が最も高いため、抽出直前に豆を挽きましょう。

コーヒーカップ1杯(150ml)に対して10gのコーヒー豆を使うのが標準ですが、好みに応じて調整できます。


ペーパードリップ方式でコーヒーを淹れる時のポイントは以下のとおりです。

  • お湯が粉を通過する速度と接触時間が最適になるように、中細挽きのコーヒー粉を使用する
  • 酸化による風味の低下を防ぐために、挽いたコーヒー粉はすぐに使用する

コーヒーの豊かな香りと味わいを引き出すために、ポイントを守って丁寧に準備を進めましょう。

» コーヒー豆の挽き方について解説
» コーヒー豆の特性と適切な保存方法を解説!

お湯を注ぐ

お湯を注ぐ工程は、コーヒーの味と香りを引き出すために非常に重要です。

お湯は90℃〜95℃に設定し、コーヒー粉にゆっくりと均等に注いでブルーミングをし、コーヒー粉全体が湿るようにします。

ブルーミングは約30秒続け、その後さらにお湯を注ぎ続けます。

ブルーミングとは、コーヒー粉に少量のお湯を注いで蒸らすことです。

粉の中のガスを放出させ、味と香りを引き出しやすくします。

お湯はコーヒー粉を均等に抽出するために円を描くようにゆっくりと注ぎ、フィルターの辺を避けるのがおすすめです。

丁寧にお湯を注ぐと、コーヒーから最高の香りと味を引き出せます

抽出時間は2〜3分が目安です。適切な時間管理で理想的な味のコーヒーに近づきます。

抽出したコーヒーを軽く混ぜる

抽出したコーヒーを軽く混ぜると、味わいが均一になって豊かな風味が引き出せます。

スプーンなどを使ってゆっくりと円を描くように混ぜるのが大切です。

抽出直後に混ぜるとコーヒー粉の偏りがなくなり、全体的に均等な味わいが得られます。

コーヒーの香りが広がり、飲む時間がいっそう満喫できます

数回軽くかき混ぜる程度で十分なので、混ぜすぎには注意しましょう。

コーヒーの淹れ方のバリエーション

コーヒーを淹れる方法はさまざまで、好みや使用する道具に合わせた最適な抽出方法を選ぶことが大切です。

自分に合ったコーヒーの淹れ方を見つけるため、以下の抽出方法について特徴を確認しましょう。

ペーパードリップ以外の抽出方法は以下になります。

  • ネルドリップ
  • 金属フィルター
  • フレンチプレス
  • エアロプレス
  • コールドブリュー
  • Mokaポット
  • サイフォン式
  • エスプレッソマシン

淹れ方による風味や飲みごたえの違いを知り、抽出方法の難易度を確認して、好みに合う最適なコーヒーの淹れ方を見つけましょう。

ネルドリップ

ネルドリップは、布製フィルターを使用してコーヒーを抽出する伝統的な方法です。

特徴は布フィルターがコーヒー油を含んだ香りを保持し、滑らかな口当たりのコーヒーを楽しめる点にあります。

布フィルターを使うと紙フィルターとは異なる豊かな風味のコーヒーを味わえます。

ネルドリップでおいしいコーヒーを淹れるためのポイントは以下のとおりです。

  • コーヒー粉の粗さは中細挽きにし、均一な抽出を促す
  • 使用前にフィルターを熱湯で湿らせて残っている不純物を取り除き、コーヒーの味を損なわないようにする
  • 抽出時間は約4分にし、コーヒーの味わいを最大限に引き出す

抽出後はフィルターを清潔に保つため、すぐに水洗いし乾燥させることが重要です。

フィルターが長持ちし、次も満足できるコーヒーが淹れられます。

ネルドリップは少し手間がかかりますが、深い味わいと豊かな香りが楽しめるコーヒー抽出方法です。

金属フィルター

金属フィルターは再利用可能で耐久性に優れており、環境に優しい選択肢として注目されています。

紙フィルターとは異なり、油分や微細なコーヒー粒子が通過しやすく、コーヒーが濃厚で豊かな風味になるのが特徴です。

使用後は、コーヒー粉が残るため洗浄が必要です。

水洗い後、コーヒー粉が残っていないか確認し、しっかり乾燥させると清潔に保てます。

ステンレス製のフィルターは錆びにくく、適切なお手入れを続ければ長期間使用可能です。

使い捨てフィルターを使わないため、ゴミが出ないという大きな利点もあります。

ゴミを減らしたい人や長くフィルターを使いたい人におすすめです。

金属フィルターなら「cores コレス ゴールドフィルター」がおすすめです↓

cores コレス C246BK ゴールドフィルター 2-4杯用
¥3,300

金属フィルターは豆本来の特徴がダイレクトに抽出されるためペーパーフィルターとは香味が変わります。

コレスゴールドフィルターはメッシュが純金コーティングされているため化学変化に強く、味と香りに対して最も影響が少ないフィルターです。

フィルターのメッシュは、肉眼でもはっきり見えるほど粗いため、

コーヒー本来のうまみ成分であるオイルをそのまま抽出できる利点があります。

スペシャルティコーヒーのすっきりしたフルーティーな味わいが存分に味わえます。

フレンチプレス

フレンチプレスは、シンプルながら深みのある味わいを楽しめるコーヒーの淹れ方です。

粗挽きのコーヒー粉を使い、熱湯を注いで約4分間抽出します。

その後、プランジャーをゆっくりと押し下げます。


コーヒー粉をフィルターで分けることで、豊かな香りと味わいを引き出すことが可能です。

抽出液をカップに注ぐと、香り高いフレンチプレスコーヒーの完成です。

濃厚な味わいと香りが楽しめるでしょう。

エアロプレス

エアロプレスは2005年に発明され、手動式のコーヒーメーカーとして広く受け入れられています

押し出し型の独自の抽出方法を採用し、専用の紙フィルターまたは再利用可能な金属フィルターを使います。

抽出時間は約2〜3分と非常に短く、コンパクトな設計が特徴です。

持ち運びしやすく、キャンプや旅行に最適です。

エアロプレスを使用すると、エスプレッソに近い濃厚で滑らかなコーヒーが楽しめます。

抽出後はフィルターとコーヒー粉が簡単に取り除けるため、掃除も手軽です。

コールドブリュー

コールドブリューは、常温または冷たい水を使用して長時間にわたりコーヒー豆を抽出する方法です。

酸味が少なくまろやかな風味が楽しめるのが特徴です。

抽出時間は通常12〜24時間ほどで、コーヒーの苦味と甘みが引き立ち、クリアで豊かな味わいが得られます。

使用するコーヒー豆は、中細挽きから粗挽きがおすすめです。

粗挽きだとゆっくりと均一に抽出が進み、コーヒー本来の味が引き出せます。

抽出したコーヒーは冷蔵保存し、数日以内に飲み切りましょう。

コールドブリュー特有のフレッシュな風味が保てます。

コールドブリューは、独特な抽出法と得られる味わいが魅力です。

暑い季節には特におすすめで、冷やすとより爽やかなコーヒータイムが楽しめます。

Mokaポット

Mokaポットはイタリア生まれの独特なコーヒー抽出器具で、エスプレッソに近い濃厚なコーヒーが手軽に楽しめます。

アルミニウム製やステンレス製が一般的です。

操作はシンプルで、下部の水タンクに水を入れ、中間のフィルターバスケットにコーヒー粉をセットします。

加熱すると蒸気圧が働き、水が沸騰して上部の容器へコーヒーが抽出されるのが特徴です。

味わい深いコーヒーは、多くの愛好者に支持されています。

サイフォン式

サイフォン式は、2つの容器と水蒸気を用いてコーヒーを淹れる独特な方法です。

抽出方法は以下のとおり。

  • 下部の容器に水を入れて加熱し、蒸気が発生すると上部の容器に移動していく
  • 上部の容器にコーヒー粉を入れ、蒸気との接触で抽出が進む
  • 抽出後、熱源を取り除き、抽出液が下部に戻りバランスの良いコーヒーが完成する

サイフォン式の最大の特徴は、視覚的な楽しさです。

透明な容器を使用することが多く、水蒸気の移動やコーヒーの抽出過程が見れます

淹れたコーヒーは、クリアで香り高く、非常に質の高い味わいが楽しめるのが特徴です。

温度管理がとても大事で、適切な温度にするとコーヒー本来の風味が最大限に引き出されます。

コーヒー粉の量や粗さも抽出結果に大きく影響するため、理想的な味を追求するには何度も試行錯誤が必要です。

エスプレッソマシン

エスプレッソマシンは、高圧力を利用して迅速かつ効果的にコーヒーを抽出します。

9~15バールの圧力で細かく挽いたコーヒー粉に熱水を押し通します。

約20秒~30秒で濃厚でクリーミーなクレマを含むエスプレッソの完成です。

カプチーノやラテなどのコーヒーベースの飲み物を作る基礎としても広く使われています。

エスプレッソマシンには手動から全自動、家庭用から業務用まで多様なタイプがあり、幅広いニーズに対応可能です。

コーヒー抽出に困ったときの対処法

コーヒーの抽出における問題は、コーヒー粉の量や挽き方、抽出時間、水の温度が原因である可能性があります。

コーヒーの味に大きく影響するため、適切な調整が大切です。

理想的なコーヒーの味わいを実現するため、要因を知って対処することが鍵です。

具体的に確認しましょう。

コーヒーが薄い時の対処法

コーヒーが薄いと感じたら、原因を探ることが大切です。

対処法を知れば理想の味が追求できるので、以下の対処法を試しましょう。

  • 細かい粉を使用する:水と接触する表面積が増え、抽出される成分が多くなるので濃くなる
  • 抽出時間を延長する:粉からより多くの味を引き出せる
  • 90℃〜95℃のお湯を使う:コーヒーの風味を最大限に引き出せる

粉の挽き方が粗くないか、抽出時間が短くないかを確認してください。

薄く感じるコーヒーを改善し、自分好みの濃さのコーヒーを淹れましょう。

コーヒーが苦すぎる時の対処法

コーヒーが苦すぎると感じたら、味の調整をしましょう。

調整の例は以下のとおりです。

  • コーヒー粉の量を減らす:抽出されるコーヒーの強さが抑えられ、苦味も軽減される
  • 粗挽きのコーヒー粉を使用する:水との接触面積が小さくなり、苦味成分の抽出が抑えられる
  • 抽出時間を短くする:味が濃厚になりすぎず、苦味が防げる
  • 牛乳やクリームを加える:口当たりが柔らかくなり、苦味が和らぐ
  • 砂糖やはちみつを加える:甘みが苦味をカバーし、好みに応じて味を調整できる

抽出後のコーヒーが苦すぎる場合は、少量の水を加えて薄める方法もあります。

コーヒー全体の味がまろやかになり、飲みやすくなります。

コーヒーの苦味が気になる場合は対処法を踏まえて、おいしく味わいましょう。

まとめ

コーヒーを淹れる手順とさまざまな抽出方法について詳しく説明しました。

ペーパードリップを使用してコーヒーを淹れる基本の手順では、フィルターの適切な設置とコーヒー粉の準備が大切です。

お湯は温度と注ぎ方に気をつけ、最後は軽く混ぜましょう。

正しい手順を守れば、おいしいコーヒーが淹れられます。

ペーパードリップ以外のコーヒーの抽出方法と特徴をおさらいします。

  • ネルドリップ:布製フィルターを使った方法
  • 金属フィルター:再利用可能で環境に優しい
  • フレンチプレス:粗挽きのコーヒー粉を使用
  • エアロプレス:手軽で短時間抽出
  • コールドブリュー:長時間かけて冷たい水で抽出
  • Mokaポット:エスプレッソに近い濃厚なコーヒー
  • サイフォン式:視覚的に楽しめる抽出方法
  • エスプレッソマシン:高圧力で短時間で抽出

自分に合った方法を取り入れ、理想的なコーヒーを淹れましょう。

最初は手軽な方法でコーヒー豆から作ってみて、こだわりを持ち始めたらプロ仕様の機器を使うのもおすすめです。

淹れたコーヒーが薄い場合や苦すぎる場合の調整方法を理解すれば、カフェのような理想のコーヒーが自宅でも楽しめます。

自分好みのコーヒーを淹れて、毎日のコーヒータイムを充実させましょう。

コメント